LINK
日刊紙の折込チラシ、ゴシップ新聞、電柱に見かけるチラシやダイレクトメールなどで「負債の整頓手伝います」「多重債務をまとめたいですよね」という売り文句を見ることがありますよね。そのようなものは、「整頓屋」「買取業者」「紹介屋」と呼ばれている業者のおとり広告の場合もあるのです。これらを使用したときには破産申請手順の中で最重要な免責認可を受けられなくなる危険性も存在します。「整理屋」の場合は、多重債務者を引き寄せ法外な手数料を要求して負債整頓をしますが、結局は借金整理は行われないで、負債者はさらなる債務地獄にはまる結末が9割方と言ってよいでしょう。「買取人」とは依頼者の分割払いで、電化製品、コンサートのチケットなどを山ほど注文させて、借金者からそれらの物品を値段の20%もしくは半額で買い上げるという方法のようです。負債人は一時は金銭が懐に入りますがまもなくクレジット業者経由で購入物の全額の支払いがくることになり、現実には債務額をアップさせる結末になります。この場合、カード業者相手の詐欺に当たるということになって免責を手に入れられなくなります。「つなぎ業者」というのは、大手サラ金から断られる負債者に対しダイレクトな金貸しはしないで、金貸しをしてもらえる異なる業者を呼び出し、常識外の依頼料を要求する業種です。つなぎ業者は高度なつなぎで融通可能になったというようにしゃべりますが、何もしておらずシンプルに審議のゆるめの企業を説明しているというだけなのです。この場合も実際は負債額を増加させる結果に終わります。