LINK
付属している保険目当てまた手元に置くと使う以外にも価値のあるクレジットだったならともかく、持つ利益もないのに、年会費も払わなければいけないようなカードを万が一手元に置いて捨て置いているのだとすると、そのカードは解約してしまうほうがベターだろうと思います。というのはカードを保有していることにより、下に述べる部類の問題が起きてしまうリスクがあるかもしれないという根拠からです。クレジット年会費が発生していくであろう■クレカという物は持つだけのケースでも年会費という名の支出が生まれてくる種類のものが存在するのです。そういう種類のカードの例では、まるまる一年合計しても一切利用するという事がなかった事例であっても無駄な年会費が要ってしまう事もあるので、使わないカードを持っておき、放っておく事が起きるだけで少なからず損害になってしまいます。当然ではありますが契約変更をした後は無駄な出費の発現の可能性はゼロになるという理由で、解約してもいいカードは早めに契約解除してしまうという手段がより良いと言及できるのです。それに、年会費が無料のクレカの中にもクレジットカードを実用しないと払わなければいけないお金がいるというような約定事項が決められているものもあるため気を付けた方がいいです。