LINK
FXの面白さは、単独の投資の商品であるのですが、お金を掛ける期間を短・中・長の3種類の中からどれを選択するかによって、出資のやり方がまったく異なるという点にあると言われます。最初は外貨投資する「長期の投資」を考えてみよう。長期は一年以上の長期投資が基本とされています。基本的に為替レートで、一年以上経った後の相場は円高でしょうか、反対に円安だろうかを予言するのは、多くの場合困難です。通常なら、「後の変動は考えられない」となるのが本当のところなのです。予言もできないものを一生懸命に予測しようとしたところで、そんなことは無意味なものです。そういう訳で外国貨幣を買った場合、買った時の価格よりも円が高くなったとしても、その差損分はそのうち元に戻るはずだという気楽な感覚で参加することが必要です。差益を熱心に大きくするよりもその他の儲け、言い換えればスワップポイントで収益を上げるということを初めの望みとしてやりましょう。言うまでもなく、短期的に為替差損に損が膨らんでしまうこともあります。そんな訳で大きな損失があってもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限でやり取りするのが肝心です。FX(外国為替証拠金取引)は差損が決まった金額を上回って広がると、追い証(追加保証金)が必要になったりもしくはストップロスを置く必要があります。ストップロスを置いたら即座に取引を打ち切りすることになり長期のトレードが厳しくなります。この手の危険を避けるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍で売買するのが安心です。2番目に中期投資を狙った取引を説明します。中期のスタンスでは、長くても2ヶ月程経った頃を予想しての取引を行うのです。為替売買においては、約1ヶ月ほど後のことであればある程度先読み可能と思われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした世界的な集まりとか、為替トレードに参加している人たちがどういうことに関心があるかを見れば、いくぶん、先読みできるのです。こうしたファンダメンタルズをチェックしつつチャートを参照することで、為替相場の状況を把握する事ができ売買を決める方がいいでしょう。基本的に経済情勢とテクニカルの両方で良い状態でありまたはどちらも買い傾向が一致した時はほとんどのケースではそのまま動いていくと思って間違いありません。そういった時は保有高を増やすと一層多額の儲けをもらえるのはほぼ間違いないでしょう。最後に短期のポイント。ここでの短期トレードとはいわゆるデイトレーディングのことを指しています。為替相場でデイトレーディングを行う時経済の基礎的条件はいっさい絡まないと明言していいです。なぜならばあくる日の為替レートの変動に、ファンダメンタルズは関連がないからです。この時のカギは目を引く催し物がありそれに影響して為替のレートが大きく変動する瞬間を待って取引しましょう。例として米国にて雇用の情勢が出されるまたは金融政策決定会合等により金利が動くという催し。こうしたタイミングに動きを見逃さないといった理由で、短期のトレードは様々なデータが必要となる。