LINK
自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険、略すと自賠責保険とよばれる保険です。自賠責保険は別名強制保険と呼ばれ、クルマを定期的に定められている車検に通す場合はその車検期間に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。要は、すべてのクルマに加入が義務づけられている保険です。ではクルマに自賠責保険が付いた状態で売却した時にはどうでしょうか。自賠責保険というのは車検時に更新されるというケースが多くあったりしますがもしも強制保険(自賠責保険)に入っているクルマを売却した時は、払った金額が戻ってくることはあまりないでしょう。なぜならば、自賠責保険の加入を消して、新しいオーナーにシフトするのは手間がかかるのです。ですので、強制保険というものは、名義を変えて車とともに手放すということが通常です。しかしながらそれと同等の金額を商品代に上乗せしてくれます。自賠責保険という保険は自動車税とは異なり、支払い済みの保険額を月々で割った額が返金される方法ではなく査定額に乗せるという手段が使われることが基本ではありますが、このことが見積書に明記されるようなことはほぼありません。ですので、引き取りの場合には自賠責保険の分の金額が査定額に含まれているかを注意してください。自分が納付した金額がどれくらいかを知っておけば間違いはないです。その自賠責保険の加入料金は、契約期間で異なるので、注意してください。車の処分や廃車の際には自賠責保険の名義変更をすることを忘れずに。もしこれをしていなければ保険会社より自分に保険期限の満期を知らせる便りが届くことになります。あなたの愛車が多少でもお得に査定されることを応援させて頂きます。