LINK
為替相場というものの基礎的要素に関しての説明です。為替というものは「直接的にキャッシュの送付をしない場合でも資金のやり取りの行為を為す取引」です。普段為替取引はほとんど外国の為替を指す場合が一般的です。国際の為替というのは二つの国の金の取引をする事です。海外へ旅行(イギリス、韓国、米国)を過去にしていれば確実に外為のやり取りをしたことがあると思います。銀行窓口に行って他の国の通貨へと両替するならば、それがまさに外為にあたります。為替市場とは、買おうと思っている人と売る側の金額を指すものです。銀行と銀行の間でのやり取りによって決まります。そこはマーケットメイカーと言う指定の銀行であります。為替相場は周辺からの余波を受けてもなお引き続き時間ごとに変化して行きます。相場を変動させて行くきっかけとしてはファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズというのは経済のゆくえ、経済のベースや様々な条件のことを指します。各国の経済成長率や景気状態、物価指数、通貨政策、外国取引の収支、失業者の割合、要人発言などの要因が絡み合って為替レートは変化するのです。国際収支統計や失業者数は重要ポイントです。経常収支とは日本でいえば財務省よりの指図で日本銀行が輸出入統計を基にして取りまとめた異国とのある期間のトレードを記載したものです。この統計は中央省庁や日本銀行のホームページ等で確認できます。就業者の統計、失業者の割合も影響するケースが多い一因であります。ことに米の就労者の統計は影響を与えます。月次で公表され、調査対象が広範なところがポイントです。為替レートの状況は経済活動の推移なのです。各国の経済の動きを調査することで為替の変化見通しが可能と言えるのです。