LINK
自動車の(全損)とはその名称が示すように車の全機能が破損してしまう状態結論として走ることが出来ないという状況の移動手段の車として機能を満たさなくなった状況で使いますが自動車の保険における『全損』は少し同様ではない意味合いがあったりします。自動車の保険の場合では車が破損した場合には《全損と分損》という風に2つの状態仕分けされ、《分損》は修復のお金が補償内でおさまる場面を指し、その場合とは反対に〈全損〉とは修復の費用が保険額より高い状態を言い表します。一般的に、乗用車の修理で《全損》と判断されるとエンジンに取り返しのつかない被害が起こったり骨組みが曲がってしまったりして修復が不可能である為、リユースか廃棄と判断されるのが常識です。ですが、自動車事故が発生して業者や保険屋さんがこのような修復費を算出した時にいかに外観がしっかりとして修繕が可能である時でも修復の費用が補償額よりも大きくては何の目的のために自動車保険に入っているのか分からないです。そういったときには『全損』と判定して乗用車の権利を車の保険屋さんに譲渡して保険額を頂く事になっています。もちろんの事ですがかなりの期間運転した自動車で執着があり、自分でお金を出して直してでも乗りたいと希望する人は多数いらっしゃいますので事態によっては保険会社と話し合うといいでしょう。さらに、自動車保険にはこのような場合が考えられていて特約等【全損】の時に特約を設けている場面が多く、例え、自家用車が【全損】なった際でも買い替え代金をある程度払ってくれる場合も実在します。なおかつ盗まれた時の補償の特約をつけるならば、盗難被害にあった自動車がなくなった場合も《全損》と扱われ補償されることになります。