LINK
現実にコンピュータのディスプレイの前で止まることなく上がったり下がったりしている為替レートを目を向けていると何やらエントリーをしたいという感情が沸き起こる状況も多かったりします。だけど、なんとなく思いでエントリーするのは絶対にしてはいけません。分かっていると思いますが、相場は1日中いかなる時でもどこかの国で為替相場は開かれているし、マーケットもどういう時でも上がったり下がったりします。だからといって、何回もトレードを重ねているとそれだけでマイナスになる率が高くなってしまいます。当然、エントリーの回数を積み重ねる事でだんだんと勝利する確率が50%、50%になっていきます。しかしこれは「なんだか分からない感覚で取引」とは別の話だ。注文回数を重ねるという意味は、あなたが「ここで勝負」と直感した機会を得られたところでの注文回数を増やすという事を言っています。格段の理由がなく、次々と取引を重ねるのとはかなり違う。マーケットの勝負に勝つためには己で意識的に緩急をつけることこそが大事です。「ここは!」と思い至ったマーケットの時には迷わず保持ポジションを積み増して徹底的に利益を追求します。「だいぶ悩ましい相場で、どう動くのか考え付かないな」と思案した時は、売買ポジションを見切りをつけて黙っています。このくらいの緩急をつけた方が最終的にはトレードは勝利します。相場の金言には「休むも相場」というものがある。実にその通りです。為替取引とは、いかなる時でも売買ポジションを所持する事が重要ではなくポジションを保持せず何もしないことも事態によっては必要です。それでは、どういう時に、休むべきなのでしょうか。最初に言われるのが前に述べたように、直近の市場が明確に判断できない時です。今後上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は思いつきで行動すると、自分の思った台本とは異なった方向に外国為替市場が変化してしまい、損失を被ることになる。こういう時はポジションを閉じ、何もしないで様子をみるのが最良の選択です。第2に、あなたの体の状態がすぐれない時です。体の具合と市場に関係しないと思う投資家もいるでしょうが現実には大きく影響します。体の具合がよくなければ外国為替相場の大少な局面で必要不可欠な決定をする事ができません。関心がわかない時はマーケットから距離を置くことも大事な事です。